一眼レフと少年たち。

子供 カメラ

「ギラファ!ギラファしっとー!?あとね!○△&%やろ!#%×@やろ!」

お盆休み中。
ドライブついでにいきつけのアクアショップに寄った所、
近所からクワガタを買いに来ていた二人の少年に出会った。

二人は一方的なクワガタの話をしたあと、僕と友人バハーラが持っていた一眼レフに興味津々。

「それでなん撮ると?」

しげしげとカメラを見る姿が面白くて、
僕とバハーラは二人にそれぞれ一台ずつ、おそるおそるカメラを渡す。

ちゃんとストラップを首にかけて、ここでシャッターを切って…と教えると目がきらっきら。

子供 カメラ クワガタ

「レンズぶつけんようにね」

二人は自分たちの自慢のクワガタを引っ張りだして、ひたすらシャッターを切る。
どんな写真が撮れたかはそんなに興味がないご様子。
ただひたすらにシャッターを切る事が楽しくてたまらないという感じ。

「ねー!これで魚撮っていい?」

「うん、でもそれは店長にお願いしようね」

「魚撮っていいですか!?」

「いいっすよ〜笑」

子供 カメラ

さすがに素早く動き回る魚の写真はブレブレでまともな写真はなかったけど、
僕のカメラに増えた100枚以上のデータの中には、
上の3枚の写真の他にも、とても自然体でいい写真がたくさんあった。

「今夏休み?」

「そう!大人って夏休みないっちゃろ!?」

「・・・」

二人とも人懐っこくて元気で汗でベタベタで声が大きくて、なんか懐かしかった。
彼らと同じ小学3年生の頃の僕はクワガタにも詳しくなかったし、あんなに人なつっこくもなかった。
夏休みの間は、なぜか引き受けてしまったクラスのヘチマの成長日記を付けるため、毎日学校へ赴いていた。

 

「じゃあまたね。お父さんたちにカメラ欲しいってねだっちゃダメよ」

 

最後に少年たちにそう告げたバハーラは、哀愁漂う立派なおっさんだった。

 


↑いつもクリックありがとうございます。励みになります。

試し撮りに耳納連山へ。

鷹取山 ハンググライダー発進基地

盆に入って幼なじみが地元に帰って来ているので、ここぞとばかりに遊んでいます。
といっても特に飲みに行ったりという訳でもなく、昔のように山や川に出かけて散策です。
昔と変わったのは自転車が車に代わった事ぐらい。

ちょうどレンズも新調したので、試し撮りもかねて耳納連山へ向かって行き先も決めずドライブドライブ。

耳納連山

久留米から田主丸方面に車を走らせ、山に登れそうな雰囲気あふれる県道70号線へ突入。
ぶどう農園を横目にぐんぐん登ると、そこはとんでもなく険しい山道…。

車の両サイドを雑草が撫でて行くほどの狭さに加え、割とでかめの石が散らばった道路。
舗装はされているとはいえ、こんな狭さではバイクとしか離合できないんじゃないかという緊張感を抱え登る登る。
さらに急勾配&180度の急カーブがわんさか。
僕の愛車ヴィッツくんも高い声で唸りながらなんとか山頂まで頑張ってくれました。

ハンググライダー発進基地 鷹取山

70号線をひとまず登りきって広い道に出て、標識が示す「鷹取山」の方角へ。

ハンググライダー発進基地 鷹取山

これは素晴らしい景色が望めそうだ!という事で車を停めて散策へ。

ハンググライダー発進基地 鷹取山

小高い丘は背の低い草が一面に映えており、高い木は全くありません。
さんさんと日光が降り注ぐ中、ダラダラと汗を流しながら上を目指します。

ハンググライダー発進基地 鷹取山

かすんでいますが、景色は壮大!
むしろかすんでるおかげで果てしない感じが出ててよかった!

ハンググライダー発進基地 鷹取山

ハンググライダーで飛んでる人はこの日はいませんでした。
ここから飛ぶと思うとちょっと玉ヒュン。

ハンググライダー発進基地 鷹取山

晴れた日や夜景もちょっと見てみたいですね。あの山道はちょっと気が引けますが…

調音の滝

鷹取山からは調音の滝方面へ下りながら、面白そうな所で散策。

EF35mm F2 IS USM

EF35mm F2 IS USM

新しいレンズの試し撮りにいい場所がたくさんありました。

調音の滝

調音の滝の上流にある滝にも寄りました。
調音の滝は流しそうめんもやっているらしく、家族連れでごった返していました。

行き先が毎回テキトーなドライブですが、新たな発見があるからいつも楽しんでいます。
盆中にあと2回ほど行きそうです…

ではでは〜


↑いつもクリックありがとうございます!励みになります。

CANON EF35mm F2 IS USMを買いました。

EF35mm F2 IS USM

初めて一眼レフのレンズを買いました。
キャノンのEF35mm f2 IS USMというレンズです。

以前から交換レンズを買うという事に密かに憧れてはいたのですが、
自分がそんなにカメラの事に詳しくないのに交換レンズを買っちゃうと宝の持ち腐れになる様な…
そして身の丈にあっていないような…
そんなこんなで最初からついているレンズでも不自由しないし、割と気に入って使っていたのです。

60D EF35mm F2 IS USM

ただ、キャノン60Dを使い始めてから、以前オリンパスのE-510を使っていた時に撮れていたマクロ寄りの写真が、
キットレンズの18-135mmのズームではなかなか撮れず、若干悔しい思いをしていました。

最初は50mm f1.4の単焦点もいいなーなんて思っていたのですが、色々悩んだ結果35mmのf2を買いました。

理由は最短撮影距離が0.25mとかなり近くまで寄れる点と、
将来子供が出来たときなんかに狭い部屋の中での撮影に便利そうだなという点。
それとすごくAFが早いです。ストレスが無いです。

50mmは60Dに着けると80mm相当になってしまうそうなので、
僕が使うにはちょっと場面が限られるかなーと感じました。

EF35mm F2 IS USM

今までズームレンズしか使った事が無かったので、
単焦点に慣れるまでガンガン使って色々勉強しようと思います。

 


↑いつもクリックありがとうございます!励みになります。