海響館と巌流島に行ってきました。

海響館 写真

去年の暮れになるのですが、下関の水族館「海響館」に行ってきました。
色々写真を撮って来たので、一気にアップします。
魚の名前はほぼ忘れました。

海響館 写真

ぎょろり。

海響館 写真

下関と言えばフグ。
当然海響館もフグ系の水槽が多く、ここはフグの仲間の名前がずらーっと書いてあります。
中にはおなじみアベニーさんの名前も。

海響館 写真

砂に潜ったフグ。

海響館 写真

愛嬌のあるお顔。

海響館 写真

遺跡などで発掘された骨の中には、フグの骨と人骨が一緒に見つかったこともあるらしく、
昔の人々がフグを食べ、毒に当たって死んだものではないかと言われているそうな。

ちなみにここはトラフグのコーナー。

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真
名前は知らないけど可愛いフグたち。
フグの体表に透けて見える骨格が美しいです。

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

いろんなフグ。
フグだけって言われると「えーフグだけ」って思うかもしれませんが、
フグだけでも多種多様でかなり楽しいです。

海響館 写真

マンボウさんもフグの仲間。
ちょっとした事で死んじゃうので、フラッシュ、ダメ、絶対。

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

フグだらけ。

海響館 写真

海響館 写真

アベニーさんも立派なお家で飼育されていました。

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

どの水槽も綺麗です。

ここからやっとフグ以外。

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真 タツノオトシゴ

海響館 写真 クラゲ

IMG_2259

IMG_2260

川魚などの淡水魚からタツノオトシゴ、クラゲたち。

海響館 写真

海響館 写真

IMG_2308

幻想的な魚群とチンアナゴ。

海響館 写真

海響館 写真

怖すぎるカニ。平家ガニと鬼面ガニ。

海響館 写真 稚サンゴ

サンゴの赤ちゃん。

海響館 写真 アザラシ

ズレたアザラシ。

海響館 写真 シーラカンス

海響館 写真 シーラカンス

生きた化石シーラカンス。(コレは死んでます)

海響館 写真 ピラルク

巨大な淡水魚ピラルク。

フグのイメージが強い海響館ですが、普通の水族館+フグといった感じで、とても楽しいです。
写真がうまく撮れなかったのですが、ペンギンもいます。

満足満足。また来ます。

海響館を出たあと、武蔵と小次郎の決戦で有名な巌流島へ渡る事に。
海響館のすぐ裏から乗船できます。シーズンオフなので400円で往復できました。

巌流島 渡船

せっかくだからと二階に上がりましたが、死ぬかと思うくらい寒かった。
船で約15分。

巌流島 船

乗って来た船。

巌流島 武蔵 小次郎 像

IMG_2518

巌流島

巌流島は歩いて15分くらいで回れるくらい小さな島。
本当に何もない小さな島ですが、武蔵と小次郎のファンでなおかつ暖かい季節ならば、
けっこうぼけーっと出来てよいかもしれません。

僕は軽く島流しにあった気分になりました。いや、いい意味で。

海響館 写真

海から見た海響館。
また暖かくなったら遊びに来ます。

ではでは〜

 


↑いつもクリックありがとうございます!励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">