有田・波佐見散策。

波佐見 焼き物公園

先日佐世保に行ってきました。
色々観光したいなーなんて思っていたのですが、生憎の雨。
でもせっかく来たんだから…と佐世保バーガーで佐世保を感じてきました。

その帰り道、有田・波佐見に寄ろうという話になってフラリと散歩してきました。
その時の写真をつらつらと。

有田ポーセリンパーク

有田と言えば有田焼なのですが、個人的にはこの有田ポーセリンパークを押したいところ。
有田焼が有名な街にこんな洋風のどでかい城があるってだけで、かなりぐっときます。
こんなものが建っているのには、なんか姉妹都市がどうとか色々理由はあるみたいです。

来たのは今回で2回目になるのですが、毎度のことコスプレの撮影会が行われています。
こんなばっちりのロケーション、さらには人もいないなんて好条件はなかなかないと思います。

見た感じだいぶ寂れた観光地なのですが、写真のお城以外にもたくさんいいロケーションがあります。
堅い事を考えずにコスプレイベントとかやればいいのに。なんて思ってます。
どうなんでしょう。

ちなみに入場料・駐車場は無料で、ご飯食べるところも物産館もありますよ!

有田ポーセリンパーク

こんな綺麗な芝生もあります。
パットゴルフもできるみたいですよ。いや、どうなんだろう。できないかも。もうやってないかも。

小高い丘に登るとそろって写真を撮り始める3人。

有田ポーセリンパーク

ガンガン撮られてます。

ゴーカート 廃墟 有田ポーセリンパーク

昔はゴーカートもあったようですが、今は廃墟と化しています。
動いてたらやりたかったのになー。

ゴーカート 椅子 廃墟 ボロボロ

コース横のボロボロの椅子。
この雰囲気はちょっと寂しさがあって好きなんですが、正直ゴーカートが動いてないのは残念。

廃墟 苔

朽ち果てたゴーカートの座席に生えた苔。大好きな廃物と苔の組み合わせ。

有田ポーセリンパーク

枕木の隙間に生えた芝。いいですね。

有田ポーセリンパーク

ガラリとしていますが念のため、これは土曜日です。
雨が降っていたのもあるのかもしれませんが、はっきり言って寂れていますが、
見ての通り庭園もきれいに手入れされています。(ゴーカートの下りは忘れてください。)
コスプレに限らず色んな撮影にもってこいだなーと思います。

人気のない観光地が大好物の自分としてはすごく好きなのですが、無くなってしまわないか心配です。

この日も観光バスが何台か止まっていて、物産館は人がたくさんいたのですが城の方にはあまり人がいませんでした。
ツアーの休憩兼お土産タイムに使われているみたいです。
敷地内には雰囲気の良い焼き物のお店もありますのでぜひぜひ。

波佐見 焼き物公園

次に向かったのがお隣の街、波佐見。
こちらも波佐見焼が有名な焼き物の街です。

ちょっと気になった焼き物公園にいくことに。ポーセリンパークから車で10分ほどです。近いです。

波佐見 焼き物公園

公園内には色んな窯が展示してあります。
実際に使っているものもあるみたいでしたが、ほとんどは展示物です。

焼き物公園 窯

登り窯…であってるのでしょうか。

波佐見 焼き物公園 窯 洞窟的な窯にわくわく。

焼き物公園 窯 洞窟

これも窯なんでしょうか。ゲジゲジがいそうなので入るのは気が引けます。

窯 焼き物公園 波佐見

これも窯らしいのですが、植物が生い茂っててラピュタ的。
シダがたくさん生えててアクアリストとしてはムラムラするポイントです。

窯 波佐見 焼き物公園

これも窯。いろんな形の窯が公園内に散らばっています。
外国の窯もあるんでしょうか。なんか日本風じゃない窯もたくさんありました。

焼き物公園 波佐見

ちょっとした柱も焼き物で出来ていたり。

公園を堪能して、公園横の観光案内所兼資料館のような施設に移動。

そこで見たのは…

波佐見 絵付け人形 源じいさん

焼き物の絵付けをしているおじいさん。

波佐見 絵付け ロボット

…の、超リアルなロボット。(動いてます)

波佐見 絵付け ロボット

近くにあるボタンを押すと絵付けをしながら、色々としゃべって説明をしてくれるのですが、
これがとんでもないクオリティ。
最初見た時は動き、質感(ヒゲとか血管の動き)、表情から生身の人間かと思ったほど。
今までにみたどのロボットよりリアルでとにかく驚きました。
説明が始まった時も口と動きがセリフと綺麗に連動していたり、とんでもないロボットです。

はっきり言ってこれを見るためだけでも、波佐見にくる価値はあると言えます。

天候に恵まれず曇天のドライブでしたが、有田と波佐見で思いっきり遊んで帰って来ました。
また来ます。

ではでは〜

 


↑いつもクリックありがとうございます!励みになります。

佐賀ドライブ。

トノサマガエル 写真 

お盆に友人が帰って来たりなんだりで、軽く佐賀へドライブに行ってきました。
ひさびさに目的の無い適当なドライブ。

写真をぱらぱらをアップします。

佐賀 古湯温泉

古湯温泉近くの川辺。 先日九州を襲った豪雨の名残で増水気味。

古湯温泉 川辺

がっつりブーツを履いて来ているので思い切り川に足をつける事ができず、仕方なく水を触ってみたりしているジャム。

古湯温泉 岩場 草 苔

なんとなくアクアリストにはぐっとくる部分。

唐津バーガー

お昼ご飯は唐津バーガー。
ここの唐津バーガーはいつ食べても感動するぐらい美味い。

七山 観音の滝

七山、観音の滝へ移動。
水量が増しているであろう滝を目指す。

観音の滝

観音の滝への道。
ずんずん進むジャムの後ろ、サンダルで来ていた僕は虫とか蛇とかが若干怖い。

観音の滝

案の定水量がいつもより多くて大迫力!

トンボ 観音の滝

トンボ。じっとしていたので望遠レンズが欲しかった。

観音の滝

水しぶきが立つ滝へ近づきます。
マイナスイオンだかなんだか知らんけど、この日は日差しが強かったのでいい感じに涼しかった。

観音の滝 橋

もうこの日の暑さはずいぶん昔の事の様。ボタボタと汗を流しながら、よく歩きました。
最近は涼しくて最高です。

樫原湿原

観音の滝の駐車場からさらに上を目指して車で15分。
そこに樫原湿原があります。年に一回行くか行かないかの散歩に良い場所。マムシがうじゃうじゃいるけど。

樫原湿原

撮った写真を見せ合っていちゃつくジャムとバハーラ。
この日は人が多かったので写真はあんまゆっくり撮れませんでした。
でも散歩は十分できてよかった。

アマガエル 樫原湿原

帰り道にカエルがたくさんいました。
樫原湿原は最近、自然保護の関係で100mほど離れた場所に駐車場ができ、直接の乗り入れができなくなりました。

その100mの間に結構生き物がうろついているから良い事だと思う。
トイレも手洗い場も整備されたのが特に良いと思う。

秋はまたドライブシーズン。
クーラーも要らないからとってもエコ。僕の財布にとってエコ。

また、違う季節にでも来ます。樫原湿原。


↑いつもクリックありがとうございます!励みになります。

リベンジ!いろは島!

いろは島 夢と冒険の島 アスレチック

佐賀のいろは島にまたもや行ってきました。
前回は虫がわんさかいる季節で、虫嫌いの僕と相方はタジタジ。カニだけ観察して帰ってきました。

が、今回は男5人で突入です。
僕が虫が嫌いだろうが、他の人間が祓ってくれる!自分は人の作った轍を進む事で安全が保障されています。
素晴らしいことこの上無し。

と言う事で、男5人で僕の車にすし詰めになって佐賀へ。
今回はうっかりデジカメを忘れたので、iPhoneカメラでお送りします。

いろは島

いろは島の駐車場近くにある日本家屋。靴を脱いでちらっとお邪魔してきました。

いろは島

2時間ほど運転したので、一旦ここでくつろいできました。

いろは島 アスレチック

一旦休憩したらいろは島・夢と冒険の島へ!
早速、みんな大好きターザンロープ。

いろは島 夢と冒険の島 アスレチック

寂れてはいるけど定番の遊具達。惚けた鳥の乗り物。

いろは島 夢と冒険の島 アスレチック

海賊船を発見。
ピーターパンやフック船長の人形があると言う噂でしたが、もうありませんでした。
撤去されたんだろうか…

いろは島 夢と冒険の島 アスレチック

船もアスレチック。船の先っぽでタイタニックもできます。

いろは島 夢と冒険の島 アスレチック

いい感じにモリモリのコケ。

いろは島 夢と冒険の島 アスレチック

満潮時だったら海の上を渡ることになるであろう吊り橋。

いろは島 夢と冒険の島 アスレチック

割と揺れるのでけっこう怖い。下が海なら満点でした。

いろは島 夢と冒険の島 アスレチック

アスレチックを率先して堪能するチェハラ。

いろは島 夢と冒険の島 アスレチック

また別のターザンロープ発見。
コチラも満潮時は海の上を渡るタイプ。完全に陸になっていましたが…

写真は中途半端なところで置き去りにされたシソ。

いろは島 夢と冒険の島 アスレチック

向こう岸に渡ったらロープでたぐり寄せる仕組み。
なかなか冒険心をくすぐるアトラクション。

いろは島 夢と冒険の島 アスレチック

島中を遊び倒した後は島の海岸線を散策。ヤドカリがいっぱい。

いろは島 夢と冒険の島 アスレチック

いろは島 夢と冒険の島 アスレチック

いろは島 夢と冒険の島 アスレチック

溶岩っぽい地面。
島の海側はこんな感じの一枚岩のような感じ。不思議な模様や形の石が沢山。

いろは島 夢と冒険の島 アスレチック

いろは島 夢と冒険の島 アスレチック

各々好き勝手に散策中。

いろは島 夢と冒険の島 アスレチック

おやつにカプリコを持参。なぜかワンピース。

いろは島 夢と冒険の島 アスレチック

つりを楽しんでいる人も。
休日にも関わらず人気が少なくて、超穴場です。

いろは島 夢と冒険の島 アスレチック

アニキが拾ってくれたウニの骨。
すばらしい造形。案外綺麗なものが見つからない上に、非常に脆いというレアもの。
大切にもって帰りました。

ぼたんと緑の丘 アスレチック

帰りに寄ったぼたんと緑の丘にて。
この悪魔のようなアトラクションで、途中一人落馬するというアクシデントがありつつ日が暮れるまで遊びました。

ぼたんと緑の丘 アスレチック

ほかにもいろいろとアスレチックが。
夕暮れ時に誰もいない公園ではしゃぐ23、24歳。

いろは島 アスレチック

そもそもストーン田の誕生日パーティーと言う事で集まった僕達ですが、
お昼ご飯の焼肉をのぞいて一日アスレチック漬けでした。

気持ちは大学生に戻ってはしゃぎまくったのですが、後日待ち受ける筋肉痛地獄に歳をとったと実感させられたのでした。

いやー…それでもまた行くけどね。


↑いつもクリックありがとうございます!励みになります。