reborn

60cm水槽 30cm水槽

去年の暮れ。
60cm水槽に恐ろしい寄生虫、その名も《camalanus(カマラヌス)》が発生したため、
水槽を泣く泣くリセットしました。

このカマラヌスという寄生虫がこれまた恐ろしいやつで、
「あれ?グッピーのお尻の穴からイトミミズみたいの出てるなー」と思っていると、
そのグッピーはいつの間にかやせ細って死んでしまう・・・

なんでやねんとか思っているうちにあれよあれよと水槽内の魚に伝染して、
最終的には死の水槽と化すという寄生虫です。

卵胎性の魚(グッピーとかプラティ)に比較的寄生しやすいらしいのですが、
カマラヌスは宿主のお腹に寄生するとお腹を食い荒らします。

そして魚は満身創痍の状態で、じわじわ死期が迫り、
寄生虫が『んーこれからどうしよっかなー』とひょっこりお尻の穴から物思いに耽っているところを、
僕のようなアクアリウム初心者が水槽の前で首を傾げて、大事になるまで気付かないと言うことになります。

何が怖いってこの発達しまくったネット社会で、いくらググっても有益な情報は出てこないってことでして、
僕も最終的に今ブームのYahoo!知恵袋のチエリアンに教えてもらって発覚した訳です。

冒頭からだらだらっと書きまくってしまいましたが、まぁそんだけ恐ろしいってことです。

60cm水槽 レイアウト

コチラはアクアリウムを始めて最初に作った水槽。去年の10月あたりの写真です。

60cm水槽 ベアタンク

そんな水槽でも、一度ここまで徹底的にやり直さないとまたぶり返します。
水草、ソイルは悲しいけど処分。寄生虫の温床になるので。
まぁ色々と悲しい思いはしたけど、リセットするいい機会にはなりました。

と、いうことで今回は水槽復活レポート。

60cm水槽 リセット

とりあえず水槽をピカピカに。
イソジンで磨いたから消毒もばっちり!

アマゾニア ソイル

せっかくだからいいソイルを入れてみようと言う事で、水草水槽定番のアマゾニア。

アマゾニア おまけ バクテリア

そして取り出したるは押○粉
…ではなく、アマゾニアについてたおまけの粉末バクテリア。

アマゾニア おまけ バクテリア

なんか色々と説明が書いてあったけど、まぁとりあえず入れときゃ良いことあるよ!

アマゾニア おまけ バクテリア

さらさら〜っとな。
なんかいいことありますように。

ブリーダーズソイル レッドビー

あと今回はソイルをもう一種類。
ブリーダーズソイルって書いてありますね。
幼なじみに誕生日プレゼントで買うてもらいました。
レッドビーシュリンプにいいらしいけど、生憎ミナミヌマエビしかいないんだなー。
でもなかなかソイルの色と質感が渋くてかっこいいです。効能は知らんです。

水槽リセット ソイル

ソイルを敷いて傾斜付けて、流木をレイアウト。
流木を次々に買い足すのはアホのやることなので、
僕はありもんの流木3つでなんとかそれっぽく組んでみました。うん、なかなかいんじゃない。

水槽リセット ウィローモス

水槽にがんがん反射してますが気にしない。
流木にウィローモスとハイグロフィラ・ラトナギリをこれでもかってくらい巻き付けてレイアウト。
これまた水草は幼なじみに頂きました。
左下にあるチビ流木は、着生させて人にあげる用。

水槽リセット 60cm水槽

やさしくやさしくソイルが巻き上がらないように水を張ります。
ちなみに僕は水を入れる時は、
お魚買った時とかについてる発泡スチロールのトレーを浮かべて、それに水を注いでます。

水槽リセット グロッソスティグマ

順番は間違っているのですが、
後から流木の裏にルドウィジア、グリーンロタラ、ロタラ・インディカ、ロターラ・ナンセアン、アンブリアを、
そして全景にはあこがれのグロッソスティグマを植えてみました。

目指せグリーンカーペット!

成長記録はまた次回にでも。
うーん水槽リセットは一日仕事だなー。

ポポがきた。

だんだん寒くなってきました。
布団が気持ちよすぎて出られなくなる季節ですが、汗をかかないってだけで冬は夏より数倍好きです。
冬生まれですしね。色黒のくせに。

さてさて、もうすぐワンピースがついに60巻発売ということで一人で盛り上がっております。

盛り上がり物的証拠その①
500円くらいで売ってるインペルダウン編のフィギュア。
最近のフィギュアって凄い再現力なんですね。顔とかすごい似てる。
これはインペルダウン・レベル4 極寒地獄でボンちゃんが軍隊ウルフと戦うシーン。

盛り上がり物的証拠その②
同じくインペルダウン・レベル5.5 エンポリオ・イワンコフの登場シーン。
これは相方が買ってきてくれました。
ボンちゃんとイワンコフは一番欲しかった2つなので大満足。

ちなみにこのフィギュアシリーズ、500円とそこそこ高いくせに中身がわからんと言うシビアっぷり。
500円も出してかぶったら社会人と言えどそこそこのダメージがあります。
集めれば集めるほどリスクの高まる恐ろしいロシアンフィギュアなのです。
地獄と言うテーマなだけに、消費者への容赦ない鞭打ち販売戦略によるリアリティの追求。
さすがは海底の大監獄、インペルダウン編です。

盛り上がり物的証拠その③
THE ROOTLESSの「One day」のCD。知らぬ間にケースがズタズタで焦った。
最近はバンプの新曲以外、めっきりCDを買わなくなっていたのですがこれは久々のヒット。
ワンピースのアニメ主題歌です。
ほんとはワンピースが表紙の特別版が欲しかったのですが、なにせ倍くらいの値段だったので。

うっかり一緒に少女時代のGeeも買ってしまったけども。うっかりね。

とにかく明日60巻が発売なのですごいワクワクしております。
すぐ買いにいこ。

ささ、こちらは完成しつつある超過密60cm水槽。
水草が異常に繁茂してたので大量にトリミング。
収穫した水草は自家製水草として、会社の先輩に押し付け気味にプレゼントしました。

水草の生い茂る森は稚魚や稚エビのゆりかご。
おかげで自然淘汰が行われずに増えたいだけ増えてます。
水槽崩壊の危機が頭をよぎります。末恐ろしい。

ラミーノーズとネオンテトラの混泳は初歩的な組み合わせとはいえどもやっぱりキレイ。
飼いやすいし是非おすすめ。

こちらは気付いたら増えていた30cmキューブ水槽。
テネルスの芝生で地面を覆い尽くすことを夢見て、現在育成中。
最近ランナーが伸びてジャンジャン新芽が出てきました。はやく芝生にならんかな。

こちらはダブルテールベタのポポさん。
我が家で唯一命名されている熱帯魚です。
以前友人のベーコンに「おいどん」と命名されたグッピーが即死したトラウマで、名前はつけないようにしていたのですが。
ベタって見た目特殊だし、いいかってことで命名されました。

ベタはベトナムの闘魚なのですが、同種を2匹以上入れない限り他の種類の魚には手を出しません。
というか無関心。その美しさに絶対の自負があるからなのか他の魚類 OUT OF 眼中って感じ。
よく小さい瓶につめて売られていますが、飽くまであの状態で飼育が『可能』というだけ。
できれば大きめの容器で飼ってあげた方がよく動くし、賢い魚なのでなつくし可愛いです。

こちらはぶれてますがポポンデッタ・レインボー。
ベタのポポと名前がかぶりますが、種類名がポポンデッタ。
胸びれが上に向かって生えていて、ウサギの耳のようになってます。
名前も見た目も可愛い魚です。最近のお気に入り。

他にもグリーンネオン、プリステラ、スカーレット・ジェム、ベトナム・アカヒレなど、
ちょい変わった魚が入ってます。
初めて迎える我が家の水槽。ヒーターが壊れなければいいんだけど。

色々ごった煮で語ったので今日はこのくらいで。
ではでは。

24℃

更新をせねばせねばと思っていたらいつの間にか10月です。

先日までの暑さはどこへやら。今度は急に寒くなってきました。

長かったようで短かった夏。
今年はなけなしのお金で自分の部屋にクーラーを導入してよかった。
クーラーがなければ蝉と一緒に命を落とす所でした。

ちなみにトップの写真は相方のおニューのデジカメで撮影した写真。
ミニチュアっぽく撮れるモードなんだとか。

接写に強いリコーのデジカメ。僕もいつか買います。
羨ましい・・・

さて、水温が低くなりつつある今日この頃。
24℃を下回るとさすがに魚達も寒くてストレスになりますので、この度初めてヒーターを導入しました。
アクアリウムを始めてまだ2、3ヶ月なのでいろいろとわからん事だらけです。

しかしビギナーはビギナーなりにも失敗をするので、学んだ事も多々あります。

自分なりに導き出したのは、

・流木は後からバラバラに買って揃えてもなかなかレイアウトは決まらない。

個々の形が面白くても関係なく、木の色や質感、筋の通っている方向などが違うので上手くいかない。
それなら1000円未満の流木をいっぱい買って持て余すより、少々高くても3000円程度の大きな流木を買って、出来れば一つの流木でレイアウトを決めるほうが格好良くなる。
しかもメンテナンスも楽。

・魚は色の相性より水質で選ぶ。

当たり前だといわれるかもしれませんが、出来れば好む水質が同じ魚を揃えるのが一番良いです。
もちろん魚の調子や繁殖にもかかわりますが、僕が水質を揃えるほうが良いと思うのは『泳ぎ方』です。
弱酸性を好む魚はネオンテトラのように直線的にスーッスーッと泳ぎます。
弱アルカリ性を好む魚は金魚のように不規則にバタバタ泳ぎます。
好む水質を揃え、泳ぎ方がみな一様だとそれなりに格好良くはなります。
これは弱酸性を好むネオンテトラ・ラミーノーズと弱アルカリ性を好むグッピー・プラティを混泳させた感想です。

ちなみに中性はクーリーローチというミニウミヘビみたいなのがいますが、ニョロニョロモソモソという泳ぎ方で基準にはなりませんのでわかりません。

なにはともあれエビは可愛いです。
レッドビーシュリンプの様な色鮮やかなエビも良いけど、ミナミヌマエビも素朴な味わいがあって良いです。
安価で繁殖は容易、お掃除もしながら擬態もするし愛嬌があって可愛いです。

・・・と、まぁどっぷりアクアリウムにハマっているわけですが、かつてのような作品制作のほうも個人的に計画を進めております。
誰にも言わずひっそりと公募に出したりしてます。

仕事で勉強する事が山積みなので、まず1年はあっちもこっちもと焦らず、時間の使い方が上手くなってから本格的に再開しようと思ってます。

そうはいってもやらねば腕が鈍るので今は空いた時間でまぁチマチマと・・・
上手く出来たときはこそっとアップしようと思います。

ではでは。

※webデザイン、理解しているようで理解していない所がたくさん・・・基礎から勉強し直してRoulette Rodentのリニューアルを目指します。