不思議博物館へ。

不思議博物館

先日、ちょっとした用事があって不思議博物館へいってきました。
以前から気にはなっていたのですが、その外観と並々ならぬ不思議な雰囲気にたじろぎつつ素通りしていたのでした。

不思議博物館

僕が住んでいるところから車で20分ほど。
いつも通っているアクアショップへの山道の途中にあります。
へんぴなところにあるため、巷では『日本で最も行く事が困難なメイドカフェ』 とも言われてるそうな。

不思議博物館

ここが入り口。階段を上って2階が博物館。
車でお越しの際は前に駐車場が2〜3台くらい停められるスペースがありました。
でもそこそこ切り返しとかうまくないときついです。あとシャコタンとか乗ってる人は確実にバンパーごとはじけ飛びます。

不思議博物館

中に入ると作品が所狭しと飾ってあります。
どの作品も異質でいて、クオリティがむちゃくちゃ高いです。

不思議博物館 クマムシ

その中でも特にものすごい存在感を放っていたのがこの巨大クマムシ。
全長4〜5mあります。
ちなみにクマムシというのは高熱にも超低温にも真空にもびくともしない最強微生物のことです。

不思議博物館 不思議子ちゃん

ここはアトリエ兼カフェになっていまして、前述のとおり『日本で最も行く事が困難なメイドカフェ』なので当然メイドさんがいます。
そのメイドさんのことをここでは不思議子ちゃんといい、上の写真の衣装を着てカウンターでコーヒーを入れてくれます。
まさかここでメイドカフェデビューをしてしまうとは…

不思議博物館 デザート

メニューはコーヒーやジュースなど色々あって、もちろんデザートも数種類あります。
僕は館長の気狂いおやつというのをいただきました。この日はカステラでした。
カステラに不思議子ちゃんが刺さってたり、クマムシアイスが乗ってたりとものすごいビジュアルです。

不思議博物館 クマムシアイス

早川いくを氏著の「へんないきもの」が大好きな僕としてはクマムシ大歓迎です。
しかもすごい美味かった。

館長さんもとても良い方でなんだかんだ長居してしまいました。
廃墟とか深海魚、虫とか好きな人は是非是非おすすめのメイドカフェです。

あと不思議子ちゃんがかわいいです。

ご興味のある方は怖がらずに是非。

 

■行き方とか詳細はHPからどうぞ。
不思議博物館HP

 

苔日和。

接写 コケ 苔

新年明けたばかりに友人と山へドライブに行った際、
ついでにカメラの試し撮りした写真を何点かピックアップ。

苔のよく生えた良い場所でした。

粕屋 風景

けっこう高い所です。パリッとした寒さが中々いい。

神社 柄杓

山奥の静かな神社です。場所は秘密。

もみじ 

 

苔 木

 

苔 コケ

 

地面 アングル

 

地面 アングル

 

地面 アングル

マクロレンズ欲しいなーとか思ってましたが、まだレンズを換えるほど使い方が分かってないので、
しばらくこのまま遊ぼうと思ってます。

レンズ沼は怖い怖い…

 

柳川さげもんめぐりへ。

柳川 さげもんめぐり

先日福岡で珍しい程の大雪が降った日、朝から車で柳川方面へ逃亡。
柳川さげもんめぐりに行ってきました。
福岡から高速と下道で約1時間。県内でも意外と遠いので、ちょっとした日帰り気分。

さげもんってのは僕もよく知らないんですが、柳川ではおひな様とセットの装飾品みたいです。
ひな壇は立派だし、ごちゃごちゃぶら下がっとるわでゴージャス感が凄いです。一見の価値アリ。

柳川についてまずは北原白秋の生家へ。

さげもん 白秋生家

住みたくなるぐらい綺麗な古民家に興奮。
普段からいい雰囲気だと言う事は伝わってくるのですが、にぎやかしにさげもんがいい味出してます。
ちなみに写真右側、実にいい具合に下がってるのがさげもんです。

白秋生家 柳川

白秋生家は色々白秋関連の資料館にもなっております。
なぜかオヤニラミがいる水槽がポツンと置いてあったりして、日淡好きの僕としてはぐっと来ました。

白秋生家 さげもん 柳川

素晴らしい佇まい。本当に住みたい。

白秋生家 裏庭

生家裏庭。水郷・柳川と言うだけあって裏庭には水路があったりします。

白秋生家 さげもん

そして本題のさげもん。目がチカチカする程のカラフルな世界。

さげもん 柳川

 

柳川 さげもんめぐり 白秋生家

 

柳川 さげもん

 

柳川さげもんめぐり 白秋生家

 

白秋生家 さげもん

 

さげもん 柳川 白秋生家

さげもんはよく見ると色んな物がぶら下がってます。
鳥・子供・ねずみ・亀・野菜などなど、引いても近づいても見てて楽しいです。

白秋生家 時計

生家内の古びた時計。止まってます。

柳川 白秋生家

部屋の外には小さな池とししおどし。池の中には2匹の亀。

柳川 こたつ舟

白秋生家でさげもんを堪能し、お土産を沢山買い込みつつ柳川散策。
川をゆるゆる進む舟はこたつ舟。

柳川 はりまや 猫

おせんべい屋さんの猫さん。

柳川 猫

柳川 はりまや 猫

ストーブの前で丸くなった猫さんたち。
せんべい屋さんでおいしいおせんべいを買いつつ、猫さんの写真も撮らせてもらいました。

 おきのはた水族館

白秋生家の信号すぐ近くにあるおきのはた水族館。
一見怪しげな雰囲気ですが、「水族館」というワードに釣られて行ってきました。

おきのはた水族館

中に入ると水槽が沢山並んでます。
普通の水族館ではないだろう雰囲気にドキドキします。
ちなみに入館料は100円です。入り口にお金いれる箱が置いてありますので良い子はちゃんと入れましょう。

たこつぼ おきのはた水族館

たこつぼ?コロコロしててかわいいサイズ。

おきのはた水族館 ヤマノカミ

暗いところを好む魚や飛び出す魚はトロ箱に入って、蓋がしてありますのでそっと開けてそっと閉めましょう。
ちなみに写真は初めて知ったヤマノカミという魚。不思議な形。

ヤマノカミ おきのはた水族館

こちらはヤマノカミサイドビュー。
かっこええ…!オレンジのラインがかっこええ…!

おきのはた水族館 ムツゴロウ

こちらはムツゴロウ。有明の主役的存在。
地元福岡ではムツゴロウ焼きやらむっちゃん饅頭やら、
ムツゴロウ型のたいやきみたいなものが売ってます。僕はハムエッグが好きです。

おきのはた水族館 伊勢エビ

伊勢海老蔵なんかもいます。

おきのはた水族館

クリッとかわいい顔のボラ。…ボラだよね?

おきのはた水族館 ウツボ

ひょっこりウツボ。

おきのはた水族館 カサゴ

なんか擬態しすぎててわかりもはん。

ワラスボ 干物 柳川

エイリアンの干物にしか見えない、有明のエイリアンことワラスボの干物。

おきのはた水族館 大水槽

奥の大水槽には色々ネコザメとか大物がいます。
職員さんが餌やりをさせてくれたり、暗い所を照らしてくれたりとすごい親切です。ありがたや…

ウツボ 全体 おきのはた水族館

泳ぐウツボ。けっこう長くてビックリした。

おきのはた水族館、普段水族館に行っても見れないような魚が沢山いて凄い楽しいです。
入り口は中の様子が全く伺えずに開いてるかどうか分かりませんが、
ぜひ勇気を振り絞って扉を開けて欲しいオススメスポットです。 職員さんもとても親切です。

柳川 町並み

県内だけどあまり知らない町、柳川。
散歩にもちょうど良く、町の人も元気でフレンドリー。

まだまだ散策しがいがありそうでした。
暖かくなったらまた来ます。おきのはた水族館にも!

ではでは。

 

※ちなみにさげもんめぐり4月3日までやってるようです。
是非是非。 

柳川観光協会HP 

 

年の暮れの糸島ドライブ。

糸島 芥屋の大戸

去年の暮れ、12月30日に暇な友人、アニキ・ジャム・里帰り中のバハーラをかき集めて、
極寒の糸島へドライブへ行ったときの写真をいまさらながらつらつらと…

糸島は暇つぶしによく行くのですが、通る道はいつも同じ。
たまには知らない道へ、という主旨でハンドルを切ります。

糸島 鳶

頭上を旋回するトンビ。シルエットがかっちょえぇ。

糸島 海岸

人気の無い海岸。寒い。

糸島 海岸

途中まで歩けば、足下は金網越しの海が。

 

芥屋の大戸

そして結局いつもの場所へ。
芥屋の大戸のちょっとした登山道。トトロにあえそうなトンネル。

5〜6分で頂上に到着。小さな展望台もあります。

芥屋の大戸

崖っぷち。けっこう高いです。

芥屋の大戸 猫

芥屋の大戸の物産店にいつもいる猫。よく人に慣れています。

芥屋の大戸

綺麗な猫ちゃんでした。野良か飼い猫か知らんけど、品がお有りで…

芥屋の大戸 猫

友人ジャムに遊んでもらっているところ。手がモコモコ。

芥屋の大戸 猫

もう一匹やって来ました。なにやら貫禄があります。

糸島 夕焼け

日が暮れる頃に帰路へ。

糸島 ドライブ 夕焼け

この日の糸島は年の暮れと言う事もあって、
人気も少なく、なんとなく寂しげな雰囲気がとても新鮮でした。

糸島を出て帰りの道は年末らしく渋滞してて、事故もちらほら…
新年を迎えてはや一ヶ月ですが、近いうちにまた県外に行った友人と集れたらなぁ。

能古島アイランドパークへ。

能古島 山羊

ずいぶん前のことになりますが、能古島へ行ってきました。
子供の頃はけっこう行ってたと思うのですが、とにかく久しぶり。
なつかしい雰囲気に終始興奮しきりでした。

ではでは、写真をズラズラッとアップしていきます。

能古島 姪浜

能古島へは姪浜からフェリーに乗って15分程。あっという間です。

能古島 イルカ

能古島の渡船場に着くとイルカの船がお出迎え。

能古島 渡船場

姪浜と能古島を往復する2つの船。
渡船場前から能古島アイランドパークへはバスが出ています。
30分程急な山道を揺られながら進みます。

能古島 アイランドパーク

軽く10年ぶりくらいかもしれない能古島アイランドパーク。
記憶がジワジワとこみ上げてきます。

能古島 アイランドパーク

ハロウィンの時期に行ったので、至る所にカボチャが飾られていました。

能古島 アイランドパーク

コスモスも綺麗な時期でした。

能古島 アイランドパーク

木につけられたブランコ。

能古島 うさぎ

ふれあいコーナーのうさぎ達。
午前中に散々ごはんをもらったのか、全然食べてくれないw
せっかくごはん買ったのにさばけないw

ここからしばらくうさぎばっかりです。

能古島 うさぎ

心無しか目の据わったうさぎが多い気がします。
しかし、そこが何とも言えない魅力でもあります。

能古島 うさぎ

ピーターラビットがいました。正統派のうさぎ。

能古島 うさぎ

気温が少し低いので、すこし肌寒そうにしてました。

能古島 うさぎ

うさぎの子供もいました。持って帰りたいくらい可愛かった。

能古島 うさぎ

いつもハムスターとじゃれている僕ですが、うさぎもなかなかいいなーと思ったのでした。

能古島 ダリア

ダリア…だったかな?カラフル。

能古島 ダリア

海の見える花畑。

能古島 ハロウィン 山羊

ハロウィン仕様でバンダナを巻かれてしまった山羊。似合ってると思う。

能古島 三輪車

ALWAYS〜三丁目の夕日〜でこんなの見たな。運転してみたい。

能古島 レトロ 電話

公衆電話が全部こんなのだったら、たまにはこっちで電話してみたい。

能古島 アイランドパーク ラムネ

すっかりレトロな雰囲気にのまれてしまったので、瓶ラムネを購入。
2、3年前まで炭酸飲めなかったのに、最近割と好きになってきました。
大人になってビールを克服したからかもしれません。

能古島 フェリー

段々日が沈み始めた頃、本数の少ないバスに乗る為にアイランドパークをダッシュで駆け抜け、
日が沈む前にフェリーで帰って来れました。

意外と思い立ってすぐ行ける距離にあるんだなーと実感。
今度は車で渡って散策するのも良いかもなぁ…