不思議博物館へ。

不思議博物館

先日、ちょっとした用事があって不思議博物館へいってきました。
以前から気にはなっていたのですが、その外観と並々ならぬ不思議な雰囲気にたじろぎつつ素通りしていたのでした。

不思議博物館

僕が住んでいるところから車で20分ほど。
いつも通っているアクアショップへの山道の途中にあります。
へんぴなところにあるため、巷では『日本で最も行く事が困難なメイドカフェ』 とも言われてるそうな。

不思議博物館

ここが入り口。階段を上って2階が博物館。
車でお越しの際は前に駐車場が2〜3台くらい停められるスペースがありました。
でもそこそこ切り返しとかうまくないときついです。あとシャコタンとか乗ってる人は確実にバンパーごとはじけ飛びます。

不思議博物館

中に入ると作品が所狭しと飾ってあります。
どの作品も異質でいて、クオリティがむちゃくちゃ高いです。

不思議博物館 クマムシ

その中でも特にものすごい存在感を放っていたのがこの巨大クマムシ。
全長4〜5mあります。
ちなみにクマムシというのは高熱にも超低温にも真空にもびくともしない最強微生物のことです。

不思議博物館 不思議子ちゃん

ここはアトリエ兼カフェになっていまして、前述のとおり『日本で最も行く事が困難なメイドカフェ』なので当然メイドさんがいます。
そのメイドさんのことをここでは不思議子ちゃんといい、上の写真の衣装を着てカウンターでコーヒーを入れてくれます。
まさかここでメイドカフェデビューをしてしまうとは…

不思議博物館 デザート

メニューはコーヒーやジュースなど色々あって、もちろんデザートも数種類あります。
僕は館長の気狂いおやつというのをいただきました。この日はカステラでした。
カステラに不思議子ちゃんが刺さってたり、クマムシアイスが乗ってたりとものすごいビジュアルです。

不思議博物館 クマムシアイス

早川いくを氏著の「へんないきもの」が大好きな僕としてはクマムシ大歓迎です。
しかもすごい美味かった。

館長さんもとても良い方でなんだかんだ長居してしまいました。
廃墟とか深海魚、虫とか好きな人は是非是非おすすめのメイドカフェです。

あと不思議子ちゃんがかわいいです。

ご興味のある方は怖がらずに是非。

 

■行き方とか詳細はHPからどうぞ。
不思議博物館HP

 

マザーリーフとチルドレンリーフ。

マザーリーフ 水槽

先日道の駅にて、3枚100円で購入したマザーリーフ。

マザーリーフは葉っぱを水につけておいたら、
あら不思議!葉っぱから葉っぱが生えてくる!という不思議植物です。
水草で言うとミクロソリウムと同じような性質です。

元々セイロンベンケイソウという植物の葉っぱで、
マザーリーフから生えた子株を土に植えると立派な木になります。
あとは葉っぱをもいで水につければエンドレス。

セイロンベンケイソウの花もとてもかわいいので、魅力的な植物です。
ちなみに花の写真はコチラ

で、このマザーリーフ。
以前にも育てていた事があるのですが、ものぐさな僕の性格ゆえに水換えを怠って腐らせた経験があります。
水につけるだけ!とは言ってもそれすらも続かないんですね。嘆かわしい。

そこで、今度こそは!と決意を新たに道の駅で購入したマザーリーフの育成に再挑戦。
しかし人なんて20歳越えたら中々変わりません。
また小皿に水を張るだけでは、即腐らせてしまうのは自明の理。

ということで、考えたあげくエビ水槽に放り込む事にしました。

水は循環してるので水換えの心配無し!
栄養も豊富&ライトが点いているので、効率的に成長!
たまにエビがマザーリーフの上に乗って、黄昏れている愛らしい姿を見られる!掃除もしてくれる!

と、いいことづくめ。

マザーリーフ 子株

結果、沢山生えた子株達。かわええ。
もうちょい伸びたらもいで土に植えます。

楽しみ。