手のひらでまったり。

IMG_4191

公開予定だったもちまろさんの写真をば。
手のひらでまったり。

IMG_4189

手足が見えない変な生き物。

もちまろ ハムスター

僕が大好きなハムスターのアングル。この逆Y字が見えると本当に和む。

またいつかハムスターと一緒に暮らしたいな。

海響館と巌流島に行ってきました。

海響館 写真

去年の暮れになるのですが、下関の水族館「海響館」に行ってきました。
色々写真を撮って来たので、一気にアップします。
魚の名前はほぼ忘れました。

海響館 写真

ぎょろり。

海響館 写真

下関と言えばフグ。
当然海響館もフグ系の水槽が多く、ここはフグの仲間の名前がずらーっと書いてあります。
中にはおなじみアベニーさんの名前も。

海響館 写真

砂に潜ったフグ。

海響館 写真

愛嬌のあるお顔。

海響館 写真

遺跡などで発掘された骨の中には、フグの骨と人骨が一緒に見つかったこともあるらしく、
昔の人々がフグを食べ、毒に当たって死んだものではないかと言われているそうな。

ちなみにここはトラフグのコーナー。

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真
名前は知らないけど可愛いフグたち。
フグの体表に透けて見える骨格が美しいです。

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

いろんなフグ。
フグだけって言われると「えーフグだけ」って思うかもしれませんが、
フグだけでも多種多様でかなり楽しいです。

海響館 写真

マンボウさんもフグの仲間。
ちょっとした事で死んじゃうので、フラッシュ、ダメ、絶対。

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

フグだらけ。

海響館 写真

海響館 写真

アベニーさんも立派なお家で飼育されていました。

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

どの水槽も綺麗です。

ここからやっとフグ以外。

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真 タツノオトシゴ

海響館 写真 クラゲ

IMG_2259

IMG_2260

川魚などの淡水魚からタツノオトシゴ、クラゲたち。

海響館 写真

海響館 写真

IMG_2308

幻想的な魚群とチンアナゴ。

海響館 写真

海響館 写真

怖すぎるカニ。平家ガニと鬼面ガニ。

海響館 写真 稚サンゴ

サンゴの赤ちゃん。

海響館 写真 アザラシ

ズレたアザラシ。

海響館 写真 シーラカンス

海響館 写真 シーラカンス

生きた化石シーラカンス。(コレは死んでます)

海響館 写真 ピラルク

巨大な淡水魚ピラルク。

フグのイメージが強い海響館ですが、普通の水族館+フグといった感じで、とても楽しいです。
写真がうまく撮れなかったのですが、ペンギンもいます。

満足満足。また来ます。

海響館を出たあと、武蔵と小次郎の決戦で有名な巌流島へ渡る事に。
海響館のすぐ裏から乗船できます。シーズンオフなので400円で往復できました。

巌流島 渡船

せっかくだからと二階に上がりましたが、死ぬかと思うくらい寒かった。
船で約15分。

巌流島 船

乗って来た船。

巌流島 武蔵 小次郎 像

IMG_2518

巌流島

巌流島は歩いて15分くらいで回れるくらい小さな島。
本当に何もない小さな島ですが、武蔵と小次郎のファンでなおかつ暖かい季節ならば、
けっこうぼけーっと出来てよいかもしれません。

僕は軽く島流しにあった気分になりました。いや、いい意味で。

海響館 写真

海から見た海響館。
また暖かくなったら遊びに来ます。

ではでは〜

 

脱走を狙う。

ジャービル 脱走

最近、たまーに脱走をするようになったどんちゃん。
でも本人的には好奇心が過ぎて、誤って出てしまったという感じ。
出たらわりとすぐに戻りたがって僕の方に寄ってきます。こんな時だけ。

ジャービル どんちゃん

外界への興味は尽きないご様子。

コードとか齧られたら大変なので、注意が必要ですね。

 

ペーパークラフト 棚

友人から頂いた紙製のプレゼントや作品だったりを飾る場所が欲しくて、
部屋にあった端材で軽い物なら乗せられる棚を設置しました。

寝る時ちょうど頭の上になる場所なのですが、まぁ軽いので大丈夫でしょう。

祝日はカキ小屋に行ってこようと思います。
ではでは〜

 

微生物ガチャポン。

ジャービル

一瞬何の生き物かわかりませんが、ジャービルのどんちゃんです。
せっせせっせとダンボールと飼い主の睡眠時間を掘削中。

未だに僕に一切なついていませんが、初期のピッコロ的な感じだと思って見守っています。
見てるだけで癒されますしね。

微生物 ガチャポン ミジンコ ミドリムシ ミカヅキモ

先日、微生物のグッズとかあったらほしいなーなんて話してたらありました。
僕が求めていたのはコレだ!微生物ガチャポン!一回200円!

3回ガラガラっと回して大本命のミジンコにミドリムシとミカヅキモを手に入れました。
透明感があってなかなかのクオリティです。ミドリムシのべん毛が極太でよろしい。
あとはアオミドロとゾウリムシ、シークレットにクマムシ(おそらく)のラインナップでした。

学校の生物の時間に習ったおなじみの微生物たち。

個人的にはボルボックスをぜひとも入れてほしいなー。
また見つけたら回してきます。

ではでは。