東京・横浜旅行。3日目〜八景島シーパラダイス〜

八景島シーパラダイス ペンギン

3日目は朝から八景島シーパラダイスへ。
キャリーケースをゴロゴロ引いて、電車を乗り継ぎ八景島を目指します。

続きを読む

LINEで送る
Pocket

マリンワールド・深海展へ行ってきました。

マリンワールド チンアナゴ

グソクムシが触れる深海展が開催中というので、先日マリンワールドに行ってきました。
ではでは、写真をずらずらっとアップします。

マリンワールド

マリンワールド モンハナシャコ

目がギョロギョロ、カラフルなモンハナシャコ。

マリンワールド ハゼ

マリンワールド チンアナゴ

意外とS系のお顔のチンアナゴ。

マリンワールド チンアナゴ

埋。

マリンワールド ナポレオンフィッシュ巨大なナポレオンフィッシュ。

マリンワールド サンゴ

マリンワールド 魚

マリンワールド ウチワエビ

マリンワールド 魚

マリンワールド イカ

マリンワールド イカ

正面からだとなんだかわからない。

マリンワールド 大水槽 ダイバー

マリンワールド シロワニ

マリンワールド シュモクザメ

シュモクザメの頭。

マリンワールド 魚

マリンワールド エイ

マリンワールド アンコウ

マリンワールド タツノオトシゴ

マリンワールド タツノオトシゴ

マリンワールド サンゴ イソギンチャク

マリンワールド イソギンチャク

マリンワールド オウムガイ

マリンワールド ダンゴウオ

目がギラギラ、ダンゴウオ。

マリンワールド サンゴ

マリンワールド 魚

マリンワールド 魚

マリンワールド オオカミウオ

マリンワールド テヅルモヅル

マリンワールド クラゲ

マリンワールド クラゲ

マリンワールド クラゲ

充実のクラゲコーナー。

マリンワールド クラゲ 稚魚

クラゲの赤ちゃん。約1cm。

マリンワールド クラゲ

マリンワールド クラゲ

ブラインシュリンプをたっぷりもらった様子。

マリンワールド 深海展

楽しみだった深海展へ。瓶に入った深海魚たち。
図鑑でしか見た事無かったけど、こんなに小さいとは…。

マリンワールド フクロウナギ

フクロウナギも5メートルくらいあるかと思ってた。

マリンワールド 深海展

マリンワールド 深海展

マリンワールド ラブカ

ラブカのミイラ。

マリンワールド グソクムシ 触る

触れたグソクムシ。めっちゃミキミキ言ってた。
カッチカチで意外とすばしっこかった。

マリンワールド グソクムシ

完全にダンゴムシ。

マリンワールド 深海魚

ユメザメだったかな…まぶたのあるサメ。

マリンワールド ラクダアンコウ

小さなラクダアンコウ。可愛い。

マリンワールド メンダコ

マリンワールド ペリカンアンコウ

ペリカンアンコウモドキとは…結局どれなのか。

マリンワールド 深海

深海の水圧で小さくなったカップ麺。

深海展、規模自体は非常に小さかったですがとっても楽しかったです。
なによりどれも想像より非常に小さくてびっくり。

またやってほしいな。

マリンワールド グッズ 魚のスプーン

マリンワールドのショップで見つけた魚のスプーン。
色々あったけどエイとヒラメ・タコを買って帰りました。

マリンワールドを出たあとは海ノ中道海浜公園へ。

つづく。

LINEで送る
Pocket

海響館と巌流島に行ってきました。

海響館 写真

去年の暮れになるのですが、下関の水族館「海響館」に行ってきました。
色々写真を撮って来たので、一気にアップします。
魚の名前はほぼ忘れました。

海響館 写真

ぎょろり。

海響館 写真

下関と言えばフグ。
当然海響館もフグ系の水槽が多く、ここはフグの仲間の名前がずらーっと書いてあります。
中にはおなじみアベニーさんの名前も。

海響館 写真

砂に潜ったフグ。

海響館 写真

愛嬌のあるお顔。

海響館 写真

遺跡などで発掘された骨の中には、フグの骨と人骨が一緒に見つかったこともあるらしく、
昔の人々がフグを食べ、毒に当たって死んだものではないかと言われているそうな。

ちなみにここはトラフグのコーナー。

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真
名前は知らないけど可愛いフグたち。
フグの体表に透けて見える骨格が美しいです。

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

いろんなフグ。
フグだけって言われると「えーフグだけ」って思うかもしれませんが、
フグだけでも多種多様でかなり楽しいです。

海響館 写真

マンボウさんもフグの仲間。
ちょっとした事で死んじゃうので、フラッシュ、ダメ、絶対。

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

フグだらけ。

海響館 写真

海響館 写真

アベニーさんも立派なお家で飼育されていました。

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真

どの水槽も綺麗です。

ここからやっとフグ以外。

海響館 写真

海響館 写真

海響館 写真 タツノオトシゴ

海響館 写真 クラゲ

IMG_2259

IMG_2260

川魚などの淡水魚からタツノオトシゴ、クラゲたち。

海響館 写真

海響館 写真

IMG_2308

幻想的な魚群とチンアナゴ。

海響館 写真

海響館 写真

怖すぎるカニ。平家ガニと鬼面ガニ。

海響館 写真 稚サンゴ

サンゴの赤ちゃん。

海響館 写真 アザラシ

ズレたアザラシ。

海響館 写真 シーラカンス

海響館 写真 シーラカンス

生きた化石シーラカンス。(コレは死んでます)

海響館 写真 ピラルク

巨大な淡水魚ピラルク。

フグのイメージが強い海響館ですが、普通の水族館+フグといった感じで、とても楽しいです。
写真がうまく撮れなかったのですが、ペンギンもいます。

満足満足。また来ます。

海響館を出たあと、武蔵と小次郎の決戦で有名な巌流島へ渡る事に。
海響館のすぐ裏から乗船できます。シーズンオフなので400円で往復できました。

巌流島 渡船

せっかくだからと二階に上がりましたが、死ぬかと思うくらい寒かった。
船で約15分。

巌流島 船

乗って来た船。

巌流島 武蔵 小次郎 像

IMG_2518

巌流島

巌流島は歩いて15分くらいで回れるくらい小さな島。
本当に何もない小さな島ですが、武蔵と小次郎のファンでなおかつ暖かい季節ならば、
けっこうぼけーっと出来てよいかもしれません。

僕は軽く島流しにあった気分になりました。いや、いい意味で。

海響館 写真

海から見た海響館。
また暖かくなったら遊びに来ます。

ではでは〜

 

LINEで送る
Pocket

日帰り宮島旅行。その2「宮島水族館」

宮島水族館

日帰り宮島旅行記、続きです。
弥山から降りたあとは少し歩いて宮島水族館へ。

魚の写真いっぱいです。

宮島水族館 カブトガニ

宮島水族館 カメ

宮島水族館

宮島水族館 シオマネキ

宮島水族館 イソギンチャク

宮島水族館 シャコ

宮島水族館 カサゴ

宮島水族館

宮島水族館

宮島水族館

宮島水族館 クラゲ

宮島水族館

宮島水族館

宮島水族館 ウツボ

宮島水族館 カキ

宮島水族館 穴子

宮島水族館 タコ

宮島水族館 オウムガイ

宮島水族館 グソクムシ

宮島水族館

宮島水族館

宮島水族館 ミノカサゴ

宮島水族館 オニオコゼ

宮島水族館 ユカタハタ

宮島水族館 オオカミウオ

宮島水族館 オオカミウオ 牙

宮島水族館 チンアナゴ

宮島水族館 セミエビ

宮島水族館 セミエビ

宮島水族館 ペンギン

あまり見た事無い魚がいたり、展示方法が面白かったりとても楽しかったです。
宮島水族館、おすすめです。

厳島神社 大鳥居 干潮

干潮時の厳島神社、大鳥居。
3年前に卒業旅行で来た事を思い出します。

厳島神社 大鳥居 干潮

たくさんの人が下に降りてます。
あまりぬかるんでいないので、さくさく歩けます。

平清盛定食

せっかく宮島まで来たので、美味しい物を食べて帰ろうという事でちょっと奮発しました、平清盛定食。
穴子丼とカキフライという豪華な定食。

宮島 焼き牡蠣

それと一緒に焼き牡蠣。激ウマでした。
これを食べるためだけにまた来てもいいなぁ。

宮島 鹿

食事処にたかりに来ている鹿たち。
この写真を撮ったあと僕の紅葉まんじゅうが狙われました。

宮島 鹿

こないだモヤさまで宮島編が放送されてたので、思い出してレポートしてみました。
満潮時の厳島神社を歩きたいのでまた来ます。

 

LINEで送る
Pocket

北九州・紫川水環境館へ

水環境館 かに

北九州の小倉にある「水環境館」という所に行ってきました!
生き物好きは必見のアツいスポットでした。

続きを読む

LINEで送る
Pocket