長崎日帰りドライブ。

長崎 海ノ中道

先日、友人チェハラから
「長崎に日帰り出張に行くから、暇なら着いて来ないか?」
というお誘いが。
佐世保バーガーが食べたい僕は喜んで着いて行ってきました。

続きを読む

LINEで送る
Pocket

長崎ドライブ。中華街→グラバー園→稲佐山

IMG_1162

涼しい季節。むしろ肌寒くなって来た今日この頃。
空調を入れずに走れるのでドライブには最高の季節。

という事で長崎へドライブに行ってきました。
長崎好きなんです。知らない所がたくさんあっていつも新鮮な気分で楽しめます。
今回のメンバーはお肉さん、ゴル師匠、おはる。

行程は中華街→グラバー園→稲佐山。

ではでは、写真をつらつらと。

長崎 中華街

長崎までは福岡から高速で2時間ほど。
高速を降りてすぐ近くに中華街があります。まずはそこへ遊びに行きます。

長崎 中華街 鯉

長崎 中華街 カメ

長崎 中華街 カメ 鯉

中華料理店の店先にある池のカメと鯉。最近のドライブでは鯉と縁があるようです。

長崎 中華街 肉まん

色んな所から蒸気が出ていて、肉まんや小籠包のほんのり甘い匂いが食欲をそそります。
肉まんや小籠包は60円〜120円ほどで購入。

長崎 中華街 子猫

長崎 中華街 子猫

長崎中華街 子猫

中華街の裏路地を入ると子猫がたくさん。

長崎 中華街

長崎 中華街

普通の土日ですがけっこう人が多く、賑やかでした。

浦上天主堂

グラバー園 坂道

中華街を離れ、グラバー園へ。
途中のお土産屋さんに気をとられながら坂道を上ります。

グラバー園

グラバー園 景色

グラバー園

グラバー園

グラバー園へ到着。たしか中学の修学旅行以来。10年ぶり。

グラバー邸

グラバー邸

グラバー邸

レトロで落ち着いた雰囲気のグラバー邸。再現された食事が美味しそうだった。

グラバー園 貸衣装

この旅の本題だったグラバー園の貸衣装。
レトロな衣装を30分500円ほどで借りる事が出来ます。女性は色んなドレスが用意されてて楽しそうでした。

僕ら男勢は…

グラバー園 貸衣装

何故…何故…アメリカサイズの軍服しかないんだ…
※着流しもあるそうです。

グラバー園

グラバー園

30分たっぷりコスプレ状態で遊んで、引き続きグラバー園探索。

グラバー園

グラバー園

グラバー園

グラバー園

修学旅行の時は全然楽しくなかった気がするのですが、
この歳になって改めて訪れるととても素晴らしい場所でした。

長崎 チリンチリンアイス

グラバー園を出たあとは、お土産買ったり、角煮饅頭食べたり。
こちらはチリンチリンアイス。長崎市街の観光地ではちらほら売っています。

おばあちゃんが小さい移動式店舗でやっていて、100円でバラの様なアイスが食べられます。
味はミルクセーキ?みたいな感じ。素朴で美味しいです。

稲佐山 風景

稲佐山 展望台

夕暮れ時にかけて稲佐山展望台へ。ちょっと寒かった。

稲佐山 軍艦島

稲佐山から見える風景。
手前の橋が伊王島大橋、その奥が高島、そのまた向こうが中ノ島。
そして真ん中にあるカクカクした島が軍艦島です。

稲佐山 鹿

稲佐山 鹿

稲佐山 猿山

稲佐山 猿山

稲佐山には何度か来た事があったのですが、
今回初めて気づいたのが展望台のちょっと下に猿山と鹿の檻があること。

いやー知らんかった。

稲佐山 夕焼け

長崎ドライブ、楽しかった!
特にまた中華街の食べ歩きに行きたいな〜
せっかく買った小籠包の中身も落としてしまった事だし…

また近々きます。

ではでは。

 

LINEで送る
Pocket

軍艦島上陸→野母崎へ。

軍艦島 上陸

やすらぎ伊王島へ。の続きです。
伊王島に一泊して、そのまま軍艦島上陸ツアーの船に乗船。

実は軍艦島上陸ツアーは2回目。
さらにはこの日の前日に産業革命遺産への推薦がなんちゃら〜というニュースが。
なんとタイムリーな。

軍艦島 伊王島

伊王島の渡船場から船に乗り、伊王島大橋をくぐってまずは高島へ向かいます。
ここには軍艦島の資料館や精巧な模型が展示してあります。

軍艦島 高島

軍艦島 高島 模型

こちらがその模型。

数ある軍艦島の模型の中でもこれが一番精巧だそうです。
炭坑の設備から居住区まで綺麗に作られています。

軍艦島上陸ツアー

高島を出て10分ほどで軍艦島の正面へ到着。

軍艦島上陸ツアー

この建物は学校だったそうです。
ゴテゴテした軍艦島のフォルム。ぞくぞくします。

軍艦島 外壁

がっしりした外壁。
それでも台風などで少しずつ崩れて来ているそうな。

軍艦島 上陸

軍艦島 上陸

軍艦島 上陸

軍艦島 上陸

軍艦島 上陸

軍艦島 上陸

今回の上陸ツアーでは廃墟の島としての軍艦島ではなく、炭坑産業の島としての部分にスポットを当てたツアーで、
当時の興味深い話がたくさん聞くことが出来ました。

軍艦島 上陸

当時の過酷な労働、ここで生活していた人々の話を聞いて改めて島を見ると胸が熱くなりました。

野母崎 軍艦島

野母崎 軍艦島

上陸ツアーを終えて伊王島で船を降り、今度は陸から軍艦島を眺めるため野母崎の方へ車を走らせます。
左側にぼうっと浮かぶのが軍艦島。ここから見える姿がより軍艦らしいです。
陸からこれが見えているのも不思議な気分。

このまま野母崎の切っ先の方へ向かい、大ウナギを見に行きます。

大ウナギ 野母崎

大ウナギ 野母崎

水槽で飼われる大ウナギ。うな子とうな次郎。
うまく写真が撮れませんでしたが、水槽の中の茶色いぶっといのがそれです。
僕の腕より太かった。

野母崎 猫

野母崎 猫

野母崎 猫

そこらへんに猫がたくさんくつろいでました。

野母崎 だいまん

大ウナギの正面にあるトルコライスのお店「だいまん」で食事。
むちゃくちゃ美味しかった。大人のお子様ランチって感じ。

野母崎 灯台

野母崎 灯台

野母崎 灯台

そのまま野母崎の灯台へ行き、今回の旅行の行程は終了。
のんびりかつ充実した旅行でした。

 

LINEで送る
Pocket

やすらぎ伊王島へ。

伊王島 灯台

家族旅行で長崎の伊王島に行ってきました。
まだ日差しが強かったのですが、のんびりできました。

写真をダラダラッとアップします。

伊王島 海水浴場

2時間で300円のレンタルサイクルがあったのでブラブラしてきました。
こちらは海水浴場。水が綺麗でした。

伊王島 岩場

海水浴場の裏にある岩礁は潮溜まりで遊べそうでした。

伊王島 岩場

打ち上げられた魚。このあと大きめの波が来て海へ還っていきました。

伊王島 海水浴場

九月の半ばでしたがまだまだ泳いでる人がいました。

伊王島 ハイビスカス

伊王島灯台のそばで咲いていました。

伊王島大橋

伊王島大橋の裾から。

伊王島 レンタルサイクル

貸してもらった電動アシストのレンタルサイクル。
途中でバッテリーが切れて地獄を見ました。

伊王島 オリーブ園

やすらぎ伊王島のオリーブ畑にいたかまきりりゅうじ。

やすらぎ伊王島

やすらぎ伊王島

夜もけっこう雰囲気のあるやすらぎ伊王島。
温泉が気持ちよかった。お湯が塩水?っぽかった。

とにかく海が綺麗!夜でも街灯に照らされて海の底が見えるのがビックリ。
そしていい意味で何も無い!色んな事を忘れてぼーっとするには最高の場所でした。

安らぎました。
また何年後かに行きたいなー。

 

LINEで送る
Pocket

有田・波佐見散策。

波佐見 焼き物公園

先日佐世保に行ってきました。
色々観光したいなーなんて思っていたのですが、生憎の雨。
でもせっかく来たんだから…と佐世保バーガーで佐世保を感じてきました。

その帰り道、有田・波佐見に寄ろうという話になってフラリと散歩してきました。
その時の写真をつらつらと。

有田ポーセリンパーク

有田と言えば有田焼なのですが、個人的にはこの有田ポーセリンパークを押したいところ。
有田焼が有名な街にこんな洋風のどでかい城があるってだけで、かなりぐっときます。
こんなものが建っているのには、なんか姉妹都市がどうとか色々理由はあるみたいです。

来たのは今回で2回目になるのですが、毎度のことコスプレの撮影会が行われています。
こんなばっちりのロケーション、さらには人もいないなんて好条件はなかなかないと思います。

見た感じだいぶ寂れた観光地なのですが、写真のお城以外にもたくさんいいロケーションがあります。
堅い事を考えずにコスプレイベントとかやればいいのに。なんて思ってます。
どうなんでしょう。

ちなみに入場料・駐車場は無料で、ご飯食べるところも物産館もありますよ!

有田ポーセリンパーク

こんな綺麗な芝生もあります。
パットゴルフもできるみたいですよ。いや、どうなんだろう。できないかも。もうやってないかも。

小高い丘に登るとそろって写真を撮り始める3人。

有田ポーセリンパーク

ガンガン撮られてます。

ゴーカート 廃墟 有田ポーセリンパーク

昔はゴーカートもあったようですが、今は廃墟と化しています。
動いてたらやりたかったのになー。

ゴーカート 椅子 廃墟 ボロボロ

コース横のボロボロの椅子。
この雰囲気はちょっと寂しさがあって好きなんですが、正直ゴーカートが動いてないのは残念。

廃墟 苔

朽ち果てたゴーカートの座席に生えた苔。大好きな廃物と苔の組み合わせ。

有田ポーセリンパーク

枕木の隙間に生えた芝。いいですね。

有田ポーセリンパーク

ガラリとしていますが念のため、これは土曜日です。
雨が降っていたのもあるのかもしれませんが、はっきり言って寂れていますが、
見ての通り庭園もきれいに手入れされています。(ゴーカートの下りは忘れてください。)
コスプレに限らず色んな撮影にもってこいだなーと思います。

人気のない観光地が大好物の自分としてはすごく好きなのですが、無くなってしまわないか心配です。

この日も観光バスが何台か止まっていて、物産館は人がたくさんいたのですが城の方にはあまり人がいませんでした。
ツアーの休憩兼お土産タイムに使われているみたいです。
敷地内には雰囲気の良い焼き物のお店もありますのでぜひぜひ。

波佐見 焼き物公園

次に向かったのがお隣の街、波佐見。
こちらも波佐見焼が有名な焼き物の街です。

ちょっと気になった焼き物公園にいくことに。ポーセリンパークから車で10分ほどです。近いです。

波佐見 焼き物公園

公園内には色んな窯が展示してあります。
実際に使っているものもあるみたいでしたが、ほとんどは展示物です。

焼き物公園 窯

登り窯…であってるのでしょうか。

波佐見 焼き物公園 窯 洞窟的な窯にわくわく。

焼き物公園 窯 洞窟

これも窯なんでしょうか。ゲジゲジがいそうなので入るのは気が引けます。

窯 焼き物公園 波佐見

これも窯らしいのですが、植物が生い茂っててラピュタ的。
シダがたくさん生えててアクアリストとしてはムラムラするポイントです。

窯 波佐見 焼き物公園

これも窯。いろんな形の窯が公園内に散らばっています。
外国の窯もあるんでしょうか。なんか日本風じゃない窯もたくさんありました。

焼き物公園 波佐見

ちょっとした柱も焼き物で出来ていたり。

公園を堪能して、公園横の観光案内所兼資料館のような施設に移動。

そこで見たのは…

波佐見 絵付け人形 源じいさん

焼き物の絵付けをしているおじいさん。

波佐見 絵付け ロボット

…の、超リアルなロボット。(動いてます)

波佐見 絵付け ロボット

近くにあるボタンを押すと絵付けをしながら、色々としゃべって説明をしてくれるのですが、
これがとんでもないクオリティ。
最初見た時は動き、質感(ヒゲとか血管の動き)、表情から生身の人間かと思ったほど。
今までにみたどのロボットよりリアルでとにかく驚きました。
説明が始まった時も口と動きがセリフと綺麗に連動していたり、とんでもないロボットです。

はっきり言ってこれを見るためだけでも、波佐見にくる価値はあると言えます。

天候に恵まれず曇天のドライブでしたが、有田と波佐見で思いっきり遊んで帰って来ました。
また来ます。

ではでは〜

 

LINEで送る
Pocket