長崎旅行記

先日、お盆に里帰りするわけでもなく家族で長崎へ旅行へ行ってきました。
ひさしぶりにカメラを持って回ったので、写真を中心にレポートを書こうと思います。

家から南畑ダムのほうへ進み、背振の有料道路を抜けると霧が立ちこめていました。

背振を越えて東背振ICから高速に乗り、長崎へ。
長崎へ着いてからは中華街やら喫茶店やら行ったのですが、繁華街で一眼レフを持ち歩くのはあまり好きではないので写真が残っていません。

ということで、稲佐山にやって参りましたが生憎の霧。
登る前から分かってたんだけどね。一応有名どころには行っておかないと。

普通このアングルで眼下に長崎の町が広がっているはずなのですが…

湿気の嵐で持病の天パが荒れに荒れたのはさておき、こんな風景も非日常なので楽しかったです。

風が湿ってカラスも不調。

頂上からおりて、稲佐山中腹にある宿に少し早めのチェックイン。
お茶を頂きながら明日の予定を練ります。
ちなみに手にしているのは『九州喫茶散歩』
これを頼りに喫茶店を点々とします。

ここでひとまず1日目は終了。
夜は温泉、お料理、映画20世紀少年を堪能しました。

2日目は快晴。
部屋から夜景も見えたのですが、写真が上手く撮れなかったのでお蔵入り。
個人的には昼間の風景の方が好きです。

宿のロビーにあったレトロな時計。

宿をチェックアウトして、一家は長崎さるくに参加すべく一路香港・上海銀行へ。
出発まで時間があったので、銀行内を見学。

長崎さるくで案内してもらったのは、龍馬ブームで沸き立つグラバー園の裏側。
静かな路地裏や長崎独特の住宅街をあるく南山手コース。
ここからは口数少なく、写真をアップしていくことにします。

※長崎さるくとは、地元ボランティアのガイドさんに長崎の町を歩きながら案内してもらうサービスです。だいたいそんな感じ。

交番 -KOBAN-

星の蓋。

荒廃した家屋。

そこら中にいる街ネコ。

長崎が一望出来る小さな公園。

葉っぱの陰で涼しげ。

南山手はネコだらけ。

子猫もいました。

緑の壁いろいろ。

坂道いろいろ。

レトロなラジオ(?)

長崎は案の定龍馬一色でしたが、こういう観光本には載らないような静かな街を歩くのもかなりオススメです。

長崎。近々また行きます。

Pocket