どんぶりさんと。

ジャービル どんぶり

あいかわらずドライなどんぶりさん。

ストレスフリーでのびのび暮らしているためか、いつもツヤツヤ。

ジャービル 豆腐こうやってご飯をあげる瞬間だけが僕らの接点。

今となっては可愛いから、不満は特にない。