ちくわさん。

ちくわ キンクマ

今年ももう終わり。
ちくわさんがうちにきて約8ヶ月。でもなんかいっつも遊んでるから2年くらい一緒に居るような感覚。

ちくわさん キンクマ

ゴールデンを飼ったのは2匹目。
前飼っていたつくねさんは全然慣れてくれなかったのですが、ちくわさんはその逆。
毎日毎日遊んで遊んでとすがる様に手に乗ってきます。

ちくわ キンクマ

外に出して欲しいが為にすり寄ってくると言うのが正解。

ちくわさん キンクマ

小さい犬を飼っているような感覚で、現在家族が溺愛中。

 

キンクマは天使かも知れん。

 

コリベイビーのその後。

コリドラス・ステルバイ 子供

我が家で初めて孵化させたコリドラスの子供。
僕の不注意で数が2匹になってしまいましたが、その分愛情を込めて育てています。

現在約2cm。
素焼きのリングを入れてあげると、その中でじっとしております。
今はサテライトで飼育していますが、もうすこし成長したら本水槽にうつす予定です。

ステルバイ ペア

ちなみにコチラがパパとママ。
また元気な赤ちゃん産んどくれ〜

 

小郡唯一の山・城山へ。

小郡 城山

世間はクリスマスだ、イブだ、イブイブだと騒いでおりますが、
そんなムードに若干の抵抗がある僕は男友達と三人で田舎へ逃避行をしておりました。

お昼から小郡に住むチーくんの元へシソと二人で押し掛け、やんややんやと彼を連れ出すことに成功。
そのまま行き先も決めぬまま車を走らせ、そこらへんに見えた山を指差して、

「今日はあれにのぼるか。」

と言う事に。

アンプ 廃棄

経験上、山には大体神社があって、そこから登山道がでている事が多いため、
山の近くに来たらまずはグルグル回って神社を捜索。

そして見つけた神社の脇に車を停めてLet’s クライミング。

アンプ 廃棄

捨てられたアンプ。ここらは不法投棄が多いみたいで、看板が色々立っていました。
神社の脇を通り、細い登山道へ入っていきます。けっこう傾斜がきつい。そして僕は足が痛いのを忘れていた。

小郡 城山

なんだか同じような格好のシソとチーくん。

小郡 城山

30分程しゃんしゃん歩いてたどり着いたのは、頂上付近の駐車場。
ここまで車で来れたんか…

ちなみに登った山は城山という名前で、小郡市唯一の山らしいです。
軽く登れるしいい山ですが、山と言うより丘に近いレベルの小さな山です。

城山 紅葉 神社

城山 紅葉 紅葉

頂上には綺麗な紅葉。

城山 頂上 風景

標高の低い山ですが、風景は素晴らしい。

城山 頂上

展望台にはベンチがあります。
軽い登山で疲れた三人は、ここでコンビニのご飯を食べました。

城山 池 公園

頂上でひとしきりぼけっとした後、山の麓にある池の方へ移動。

城山 池 ボート

暖かい季節はボートで遊べる様子。

城山 池 アヒルボート

昔から乗ってみたい白鳥のボート。
今はシーズンオフ。首に3と書かれていますが、1号2号はいませんでした。

鴨 城山 池

池には鴨が数匹。
水に頭をつっこんでおしりをプリプリしてる姿は愛くるしいけど、見てるだけで寒い。
城山は案内板に寄ると桜が綺麗だそうなので、また春になったらカメラを持って行ってきます。

公園には5人くらいで遊んでる小学校低学年の男の子がいたのですが、
「こんにちわ!」と元気に挨拶してくれたのが凄く驚いて、なんか少し嬉しかった。

最近子供に関わるとすぐに通報されるような風潮があって、
自分の中でも子供達に対して無意識に距離を取っていた事を少し反省。

うーむ、プライスレス。

 

ぐりんぐりんへ行く。

オオゴマダラ ぐりんぐりん

新しく買ったカメラの勉強も兼ねて、福岡市東区の巨大温室ぐりんぐりんへまた行ってきました。

ぐりんぐりん 温室

 

ぐりんぐりん 水槽

 

ぐりんぐりん 水槽

 

ぐりんぐりん 水槽

 

ぐりんぐりん 水槽

 

ぐりんぐりん 水槽

 

ぐりんぐりん 水槽

 

ぐりんぐりん 水槽

 

ぐりんぐりん 蝶

レンズが18-135mmの中望遠なので、割と色んなものが軽々撮れて楽しかったです。
レンズ交換が嫌いなものぐさな自分にはぴったりです。

でもやっぱりマクロは欲しい。
もちまろ・ちくわ、虫、花、動物を画面一杯で撮りたいと思う今日この頃でした…

 

キャベツの日。

もちまろ ジャンガリアン

リビングのカーペットの上に手のひら大の毛玉が一つ。

ジャンガリアン キャベツ

妹からキャベツをもらっているところ。

もちまろ キャベツ

受け取りました。

もちまろ キャベツ

無くなったのでもう一枚おかわり。

もちまろ キャベツ

いじわるな妹によって背中に乗せられてしまうのであった。