暴君もちまろ。

ジャンガリアン もちまろ

我が家はジャンガリアンハムスターが大好きで、もう中毒と言っても過言ではありません。
今まで何匹も我が家に来たジャンガリアンが世代交代と襲名を繰り返し、現在のもちまろさんは5代目。

ハムスター もちまろ

その5代目が非常に時間に厳しく、僕がご飯をあげる時間を1時間遅れようものなら・・・
・高台に立ってアピール
・巣の中から鋭い眼光を向けて無言の圧力
・ご飯入れの前でぐるぐる回る
・ご飯入れを叩く
・ご飯入れに手を突っ込み、食べ残しをかき回してチャリチャリと音を立てる
・小屋の蓋を持ち上げて落としてパコパコと音を立てる
・新聞を引き裂いてバリバリと音を立てる
etc…

ハムスター もちまろ

ちいさな暴君は食事は決まった時間に摂らなければ許せないようです。
そんなアピールも可愛いのですが、確実にもちまろさんは僕の事を下僕だと思っている気がしてなりません。

ハムスター もちまろ

一癖、二癖あった方がペットと言うものは可愛いものです。
ジャンガリアンは性格の違いがすごくはっきりしている種類だなーと実感。
4代目まではおっとり系が多かったのですが・・・w

ハムスター もちまろ

それでも最近は、我が家特有のゆとり教育のおかげでだいぶ丸くなるもちまろさんなのでした。
(いろんな意味で)

向こう側から来ました。

木 割れ目

学生時代の友人とはいい物です。
とは言ってもそんなにたくさんいるわけではないのですが・・・

小学校・中学校からの友人と遊べば 、いくら遊んでも疲れなかった少年時代に逆戻り。
高校時代の友人と遊べば、女の子にモテたい盛りだったカッコつけエセクールガイモードについつい逆戻り。
大学時代の友人と遊べば、時間も車もあって多少の無茶も気にならなかった大学時代に逆戻り。

ただし大学時代に関しては小学生とほぼ同じ状態。
今回はそんな大学時代の友人との記録。

川遊び

お昼にタコパ(たこ焼きパーティー)をしようと言う緊急召集をかけ、集まったのは5人。1人欠席。
タコパはあんまり書く事ないな・・・まぁ普通にうまかったよ!
ということで、タコパの後はそのまま川遊びへ。(過密スケジュールにより1人帰宅。)
僕と石ちゃん、アニキ(あだ名)、しその4人で我が家から車で20分の川へ移動。

川遊び

一応川魚を捕まえようという気持ちでやってきたのですが、魚も寒かったらしく見当たらず・・・
網を持って周辺をウロウロしたけど、サワガニ一匹出てこない。
漁は断念して更に上流へ移動。

中ノ島公園

中ノ島公園へ到着。
夏場は親子連れでにぎわう、ここらへんでは手軽に川遊びが楽しめる公園です。
僕も少年時代はよく自転車で通ったものです。

川遊び 中ノ島公園

石ちゃんが石を飛んで川を横断。

川遊び 二眼レフ

しそが持っているのは大人の科学でゲットした自作二眼レフ。

川遊び 中ノ島公園

人っ子一人いない中ノ島。寒いですしね。

裂けた木

中ノ島公園に昔からある、中が空洞のえぐれた木。

川遊び 中ノ島

イケメンアニキに切り株の横で黄昏れるポーズをとらせて撮影会。

中ノ島 散策

中ノ島公園は川も魅力ですが、森も色んな物が転がっていて歩くだけでも結構楽しいです。

瓦

割れた瓦の寄せ集め。

給水所 廃墟

手洗い場の残骸。
去年の大雨で増水した時にやられたのかも。

川 的当て

いったん河原に出て遊ぶ事に。
倒れた木材にそこらへんに落ちてたブロックを乗せて、石を投げて的当て。
これを調子に乗って延々やったために次の日は体が動きませんでした。

木の割れ目 遊ぶ

また森の中へ戻ると異世界への入り口を持った木を発見!
とりあえず石ちゃんご入場。

木 割れ目

続けてアニキもご入場。

木 割れ目

戻ってきました。

木の割れ目 遊ぶ

アニキに続いて石ちゃんも出てきました。
続々出てくる。

自分も負けじと出てくる。

木の割れ目

嗚呼、しそも入っていく・・・

割れ目 木

アニキは再入場。

木の割れ目

そして石ちゃんは生まれた。

田んぼ 走る

とまぁ、そこらへんにあるもので存分に遊び尽くす自分たちの妙なテンションは、
一年経ってもやはり大学時代となにも変わってないですね。

年齢だけ大人になって、いつになったら頭が大人になるのだろう・・・と少々心配になる今日この頃。
別にいいけどね!

揺れた日。

震災のあった日、会社のテレビで見ていた映像があまりに現実離れしていて・・・
恐ろしくて、自分の生まれた国でこんな事が起こるとは思いもしていませんでした。

阪神大震災の時は僕はまだ小学生ぐらいで、テレビも見てなかったから正直あまり覚えていません。
大震災と言う言葉にリアリティがなくて、地震で怖い思いをしたのは何年か前に起きた西方沖地震くらい。
幸い自分の周りには物が壊れたくらいの被害しかなく、今となってはその怖さも忘れてしまっていました。

3月11日を境に、震災に遭わなかった福岡にもテレビやインターネットを通じて緊迫した雰囲気が伝わってきました。
自分に降り掛かった西方沖地震でも覚めなかった目がやっと覚めた気がしました。
自分に出来る事は些細な事でもやらなければ。

節電、節水、募金。
直接今回の震災に繋がる事じゃなくても、改めて生活を見直すべきです。
こんな事態にならなければ生活を見直す事が出来なかった自分もなんだかなぁ・・・と思います。

今回の震災を境に、福岡の夜の街は少し暗くなりました。
コンビニを始め、多くの店が煌煌と光らせていた看板照明を落としている為です。
東日本・西日本では周波数の違いで送電が難しいという話はありますが、こういった電力の使われ方についても今後変わっていくかもしれません。
社会全体が変わろうとしているのか、一時的な物なのか・・・

被災した方々が元通りの生活に一日でも早く戻れますように・・・
一人でも多くの人が助かりますように・・・

reborn

60cm水槽 30cm水槽

去年の暮れ。
60cm水槽に恐ろしい寄生虫、その名も《camalanus(カマラヌス)》が発生したため、
水槽を泣く泣くリセットしました。

このカマラヌスという寄生虫がこれまた恐ろしいやつで、
「あれ?グッピーのお尻の穴からイトミミズみたいの出てるなー」と思っていると、
そのグッピーはいつの間にかやせ細って死んでしまう・・・

なんでやねんとか思っているうちにあれよあれよと水槽内の魚に伝染して、
最終的には死の水槽と化すという寄生虫です。

卵胎性の魚(グッピーとかプラティ)に比較的寄生しやすいらしいのですが、
カマラヌスは宿主のお腹に寄生するとお腹を食い荒らします。

そして魚は満身創痍の状態で、じわじわ死期が迫り、
寄生虫が『んーこれからどうしよっかなー』とひょっこりお尻の穴から物思いに耽っているところを、
僕のようなアクアリウム初心者が水槽の前で首を傾げて、大事になるまで気付かないと言うことになります。

何が怖いってこの発達しまくったネット社会で、いくらググっても有益な情報は出てこないってことでして、
僕も最終的に今ブームのYahoo!知恵袋のチエリアンに教えてもらって発覚した訳です。

冒頭からだらだらっと書きまくってしまいましたが、まぁそんだけ恐ろしいってことです。

60cm水槽 レイアウト

コチラはアクアリウムを始めて最初に作った水槽。去年の10月あたりの写真です。

60cm水槽 ベアタンク

そんな水槽でも、一度ここまで徹底的にやり直さないとまたぶり返します。
水草、ソイルは悲しいけど処分。寄生虫の温床になるので。
まぁ色々と悲しい思いはしたけど、リセットするいい機会にはなりました。

と、いうことで今回は水槽復活レポート。

60cm水槽 リセット

とりあえず水槽をピカピカに。
イソジンで磨いたから消毒もばっちり!

アマゾニア ソイル

せっかくだからいいソイルを入れてみようと言う事で、水草水槽定番のアマゾニア。

アマゾニア おまけ バクテリア

そして取り出したるは押○粉
…ではなく、アマゾニアについてたおまけの粉末バクテリア。

アマゾニア おまけ バクテリア

なんか色々と説明が書いてあったけど、まぁとりあえず入れときゃ良いことあるよ!

アマゾニア おまけ バクテリア

さらさら〜っとな。
なんかいいことありますように。

ブリーダーズソイル レッドビー

あと今回はソイルをもう一種類。
ブリーダーズソイルって書いてありますね。
幼なじみに誕生日プレゼントで買うてもらいました。
レッドビーシュリンプにいいらしいけど、生憎ミナミヌマエビしかいないんだなー。
でもなかなかソイルの色と質感が渋くてかっこいいです。効能は知らんです。

水槽リセット ソイル

ソイルを敷いて傾斜付けて、流木をレイアウト。
流木を次々に買い足すのはアホのやることなので、
僕はありもんの流木3つでなんとかそれっぽく組んでみました。うん、なかなかいんじゃない。

水槽リセット ウィローモス

水槽にがんがん反射してますが気にしない。
流木にウィローモスとハイグロフィラ・ラトナギリをこれでもかってくらい巻き付けてレイアウト。
これまた水草は幼なじみに頂きました。
左下にあるチビ流木は、着生させて人にあげる用。

水槽リセット 60cm水槽

やさしくやさしくソイルが巻き上がらないように水を張ります。
ちなみに僕は水を入れる時は、
お魚買った時とかについてる発泡スチロールのトレーを浮かべて、それに水を注いでます。

水槽リセット グロッソスティグマ

順番は間違っているのですが、
後から流木の裏にルドウィジア、グリーンロタラ、ロタラ・インディカ、ロターラ・ナンセアン、アンブリアを、
そして全景にはあこがれのグロッソスティグマを植えてみました。

目指せグリーンカーペット!

成長記録はまた次回にでも。
うーん水槽リセットは一日仕事だなー。