どんちゃんとの戯れ方。

どんちゃん ジャービル

相変わらず僕とドライな関係を続けている愛するルームメイト、ジャービルのどんちゃん。
僕も少ないスキンシップを楽しむために、ご飯を手からあげてはいるのです。

特にスキンシップに最適なのは写真のような細かい穀類。

大きめの餌だと奪いさられて自分の落ち着く場所まで持って行って食べてしまうのですが、
こういう細かい餌だと一粒ずつ持って行く訳には行かず、仕方なく僕の手の上で食事をします。

ジャービル 手から餌

指の隙間に入った穀類をほじられる時が至福の時。

 

Pocket