揺れた日。

震災のあった日、会社のテレビで見ていた映像があまりに現実離れしていて・・・
恐ろしくて、自分の生まれた国でこんな事が起こるとは思いもしていませんでした。

阪神大震災の時は僕はまだ小学生ぐらいで、テレビも見てなかったから正直あまり覚えていません。
大震災と言う言葉にリアリティがなくて、地震で怖い思いをしたのは何年か前に起きた西方沖地震くらい。
幸い自分の周りには物が壊れたくらいの被害しかなく、今となってはその怖さも忘れてしまっていました。

3月11日を境に、震災に遭わなかった福岡にもテレビやインターネットを通じて緊迫した雰囲気が伝わってきました。
自分に降り掛かった西方沖地震でも覚めなかった目がやっと覚めた気がしました。
自分に出来る事は些細な事でもやらなければ。

節電、節水、募金。
直接今回の震災に繋がる事じゃなくても、改めて生活を見直すべきです。
こんな事態にならなければ生活を見直す事が出来なかった自分もなんだかなぁ・・・と思います。

今回の震災を境に、福岡の夜の街は少し暗くなりました。
コンビニを始め、多くの店が煌煌と光らせていた看板照明を落としている為です。
東日本・西日本では周波数の違いで送電が難しいという話はありますが、こういった電力の使われ方についても今後変わっていくかもしれません。
社会全体が変わろうとしているのか、一時的な物なのか・・・

被災した方々が元通りの生活に一日でも早く戻れますように・・・
一人でも多くの人が助かりますように・・・

Pocket