川漁師-vol.2

川漁師

さてさて、一日ワナを放置して、回収です。
激寒くて川に手を突っ込むのは正直気が引けますが、仕方がありません。
不法投棄になるからね!おじさん頑張る!

川漁師

回収は昼間とあって今回はのびのびと動く事が出来ます。
仕掛けた時は暗くて何も写りませんでしたが、こんな場所です。
少年時代、自転車で毎日泳ぎにきていたゆかりの地。

川漁師

前日に激しい雨が降ったので、沈めたワナが流れていないか心配でしたが無事でした。
ちなみに写真の中央下あたりに 写っているのが仕掛けたワナ。

川漁師

一つ、二つと上げていきますが、最初の二つは空。
三つ目、四つ目にはしっかりとかかっておりました。
ちなみにまたもや引き上げる際に川に落ちました。
どうなってんだあの岩!なんでコケもないのに滑るのかッ!

川漁師

中にはうごめく魚達。
はじめてにしては大漁、大漁。なにやら慌ててるので、急いで別容器へ。

川漁師

獲れたのは計6匹。

川漁師

友人曰くオイカワだとかウグイだとか・・・(正しい名前は不明)
小物がワラワラという結果を予想していたのですが、思ったよりも大きいのが獲れました。
どなたか存じませんがお腹が赤く染まって綺麗。

川漁師

ワナの回収のあとはサワガニ探し。
氷のように冷たい岩をひっくり返し(自分は撮影を買って出たので免れた)、黙々と捜索。

川漁師

冬眠中、無理矢理起こされたサワガニ君。

川漁師

まぁ昔からなんですが、20歳超えてもこんなことをやっているのには我ながらびっくりします。
それにノリノリで(むしろ僕より率先して)付き合ってくれる友人にも感謝です。

今回の捕獲でわかった事は、流れがあるところに仕掛けないと魚は捕まらないということ。
魚が入っていた2つは中の餌が流れてほぼ空になっていましたが、とれなかった方はペットボトルの中が寄せ太郎が残ったままでした。
要は餌の匂いを流さないとダメってことですね。なるほど・・・

次はなんかびっくりするようなのがかかるといいな。
また近いうちに行ってきます。

ではでは〜

※ちなみに魚は1週間ほど屋外で様子をみましたが、家で飼うにはすこし狭すぎるようですので、明日元の場所にリリースしてきます。ごめんよ〜

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。