アフリカンロックシュリンプの受難。

アフリカンロックシュリンプ

必死で水中のご飯をかき集めるかき集めるアフリカンロックシュリンプと、
それに集るミナミヌマエビたち。

頑張れアフリカンロックシュリンプ!名前はまだない!

 

LINEで送る
Pocket

銀の字とカニカマ。

青文魚 獅子頭

銀ちゃんがやって来てじわじわ金魚愛が芽生えつつあります。
いかんいかん…しかしかわゆい…

少しの間は銀ちゃん一人をかわいがっていたのですが、うーん色合い的にもう一人欲しい…

という事で、行きつけのお店に向かい色々相性など聞きながら連れ帰ってきました。

カニカマ 獅子頭

連れ帰った子の名前はカニカマ。
オランダ獅子頭の多分女の子。買ったあと名前を考えてたら、彼女に先に命名されてしまいました。
でもナイスセンスなので採用。

青文魚

先日穴あき病が完治して絶好調の銀ちゃん。
病気は乗り越えるほど強くなる彼。

金魚水槽 青文魚 獅子頭

すっかり金魚水槽らしくなりました。
ちなみにこの水槽に入っていた、ミクロソリウムがモリモリ活着した流木はというと…

60cm水槽 ミクロソリウム

こちらに移されました。生体も数匹…
にぎやかになってこれはこれで気に入ってます。

金魚 青文魚 獅子頭

二人とも仲良くねー。

LINEで送る
Pocket

ほねほねグラスキャット。

グラスキャット 透明 骨

アクアショップに妹を連れて行った際、これを買うべし!とねだられてつれて帰ったグラスキャット。
骨が透けて見える透明の魚。

ミクロソリウムの緑が透けて何とも涼しげ。
よく見ると気休め程度についた背びれと、ナマズ特有の触覚がチャームポイント。

ちなみに赤虫食べても全然胃は見えません。

魚は本当に面白い。

LINEで送る
Pocket

エビフィーバー

ミナミヌマエビ 繁殖 爆殖

熱帯夜にも関わらず、プレタブ一つで異様な盛り上がりを見せるミナミヌマエビたち。
もうずいぶんとミナミヌマエビは外で買っていない…

ミクロソリウム 散髪 トリミング

こちらはミクロソリウムをジョキジョキとサマーカットに。
茂りに茂って魚の泳ぐ場所も無かったので。

うーん、暑い。暑いぞぉぉ…

 

LINEで送る
Pocket

ハラハラキャット

ハラハラキャット

お迎えしてもう半年ぐらいになる30cm水槽のアイドル、ハラハラキャット赤虫を食むの図。

名前も可愛けりゃ、岩肌っぽい色、ゆったりとした動き、すべて可愛い。

パーフェクツ!メニアック!

LINEで送る
Pocket